看護師の働き方

看護師の資格を持っていれば、さまざまな業界で職務に就くことができます。看護師の資格にはいくつかの種類があり、主として「正看護師」「准看護師」「助産師」などがありますが、いずれの資格も医療機関での求人数は増加傾向にあります。高齢化社会となっている今の日本では、介護などに関する老人介護施設などでの看護師求人も多く、また少子化ではあるものの産婦人科医が不足している状況ですから、助産師も多くの病院で求められています。

その他にも働く職場はさまざまな分野であります。一般的な医療機関のほかに、看護師は小さな診療所・学校関係・一般企業・美容分野などで従事できます。働き方は、フルタイムやパート・アルバイト勤務など、さまざまな働き方があり生活スタイルによって選ぶことができますから、家庭と仕事を両立する場合などは、パートやアルバイトで自分に合った働き方を選ぶといいでしょう。

ただ、夜勤を含む場合は、小さなお子さんを持つ人にとっては難しいのも現状といえます。夜の勤務のない就業体制を整えるなど、雇用側もそれぞれの事情に合わせた雇用形態を考える必要があるのではないでしょうか。そういった努力なくして十分な看護師を確保することは難しい状況です。