看護師の求人の現状は

日本では、少子高齢化が進むと同時に人口は減少傾向にあり、さまざまな分野で深刻な問題となっていますが、働き手となる世代が減少するということは、あらゆる分野で深刻な人手不足となっています。なかでも、急速に進む高齢化社会において医療や介護の分野では非常に深刻で、重要な役割となる医師や看護師不足が進んでいます。そのような状況により、看護師の求人数は増加しています。

しかし、人材不足を原因に看護師の労働は過酷になり、より看護師の職に就く人が少なくなっている状況ともいえます。また、看護師の資格を持っているが、結婚・出産などによって復職していないケースも多くあります。子育てをしながらの看護師の仕事は大変なこともあり、資格を持っていても看護師の職に就かないという人も多いのではないでしょうか。医療現場において看護師の業務は、重要な役割を果たしています。しばらく仕事を離れていると、復帰することに心配があるという人も多いでしょう。そういった人たちの為に、病院などでは再就職支援を行って、看護師不足をなくす為に資格を持った人たちの支援を進めています。

それでも、看護師不足は深刻となっているのが現状です。その不足を補う為に、日本ではフィリピンやインドネシアなどの外国人看護師を受け入れています。しかし、言葉の壁や文化の違いにより、外国人看護師として働くには習得すべきことが多く、なかなか看護師の人数を確保することはできていません。即戦力として看護師を求めるのであれば、日本においての今の問題を少しでも解決し、多くの日本人看護師を確保することが求められるでしょう。